補助金を利用してお得に家をリフォームする

便利な補助金を活用しよう

リフォームの大きな手助けに!補助金の活用方法

リフォーム時に適用される補助金とは一体どのようなものなのでしょうか。 例えば、世帯合計所得が指定されている金額よりも低い場合などに適用される補償制度のことです。 ですが、補助金によって審査が異なるため、自分がどのようなリフォームを行いたいかによって要件がことなってきます。

リフォーム補助金とは?

新築を購入した際だけではなく、現在住んでいる住宅のリフォーム時にも補助金や減税が適用されることがあります。
少しでも費用を下げるために、ぜひお得な補助金制度を活用しましょう!

主に、介護のためや省エネ機能を付けるためなど様々なリフォームを国や自治体が支援しています。
自治体によって支援内容はかなり異なっており、一度に複数の支援を適用できることもあります。
ですので、事前に自分がこのリフォームでどれくらいのサポートを受けることが出来るのかしっかりと調べておきましょう。
耐震補強リフォームなどは、リフォーム費用が高額な分、サポートも充実しているものが多いです。

国が行っているリフォーム制度で、主に利用している人が多いのは「介護保険制度を利用したバリアフリーリフォーム」と「長期優良リフォーム制度」でしょう。
バリアフリーリフォームは、要介護者のいる住宅に適用される制度です。
長期優良リフォームは、耐震性を高めたり、住宅の劣化対策などのリフォームに適用される制度で、住宅の長寿化を目的としています。
最大200万円まで国から補助金が支給されます。

自治体の助成金制度には、かなりの差があります。
自治体の助成金制度は、「地域の活性化」を目的としており、その助成金などの補助を求めて都会から引っ越してくる人もいるほどです。
ですが、一部地域によっては定員を設けている場合もあり、定員に到達したら募集を締め切ってしまうケースもあります。
少しでもお得な補助を受けるためにも、常に最新の情報を入手しておきましょう。

補助金はどうやって受けられるの?

自治体、国など、どこから補助金を受け取るかによって要件は異なっています。 また、リフォーム内容によっては非常に厳しく審査されるものもあるため事前にしっかりと調べておく必要があります。 申告先に関しても、内容によって税務署であったり、市区町村であったりと違いがあります。

補助金には種類があるの?

介護保険制度のバリアフリーリフォーム、省エネリフォーム、太陽光発電リフォームなど様々な種類があります。 もちろん種類によって、補助金の金額も大きく違います。 リフォームの合計金額によって、補助金の上限金額も変化してくるので、事前に下調べをすることをオススメします。