便利な補助金を活用しよう

>

リフォームの大きな手助けに!補助金の活用方法

バリアフリーリフォーム

介護保険制度には、介護や支援が必要と認定された人が住む住宅にリフォーム補助金が支給されることがあります。
介護が必要となった場合は、家族にとっても本人にとっても住宅の利便さというのは重要になってきますよね。
そのため、要介護者もしくは要支援者がバリアフリーリフォームを実施する際は、介護保険で費用全体の9割を補うことが出来ます。
ですので、介護リフォームが必要になったときは必ず申請をするようにしましょう。

受給については、いくつかの条件を満たす必要があります。
リフォーム住宅の住所が被保険者証の住所と同一であること、さらに本人が実際に住んでいることが条件となります。
条件を満たしている場合は、工事費用最高20万円の9割が補助金として支給されます。

受給対象のリフォーム

介護保険制度によって、受給できるリフォームの種類はいくつかあります。

多いのは、「手すりの取り付け」工事です。
トイレや廊下、浴室などに転倒防止や歩行補助のために設置することを目的としています。
他にも、床の段差をなくす「バリアフリー工事」があります。
廊下や玄関などの段差を解消することで歩行しやすくします。
ただ、バリアフリーリフォームには注意点があります。
昇降機やリフトなどは補助金適用対象外になるので、工事費用は自己負担となってしまいます。

ほかにも洋式便器への便器の取り替えやドアの取り替えも支給対象になります。
ですが、工事するにあたって必ずケアマネージャーなどに相談をしましょう。
また介護保険制度以外にも、独自で改修支援制度を行っている自治体もあります。


この記事をシェアする