便利な補助金を活用しよう

>

補助金はどうやって受けられるの?

省エネリフォーム

住宅の省エネルギー性能の向上を図ることを目的としているリフォームで、屋根や床の断熱改修、省エネ効果のある給湯機器、LED照明の設置などが対象となります。
また太陽光発電も補助金の対象内なので、リフォームを考えている方は嬉しいですね。

各自治体などによって、上限金額や要件は異なりますが、おおよそ20万円ほどを上限に支給されることが多いようです。

太陽光発電には特殊なシステムがあります。
過去にもテレビのCMで放送されていたことがありますが、余った電気を電力会社が買い取ってくれる「固定価格買取制度」といったものがあります。
過去には、余剰電力買取制度とも呼ばれていました。
天候に大きく左右されてしまいますが、天気の良い日には太陽光発電で発電される電力量は一般家庭で消費する電力を大きく上回るほどの発電が可能です。
リフォームは高額ですが、将来的なことを踏まえればメリットが大きいでしょう。

耐震リフォーム

「地震大国」と呼ばれる日本。
近年は日本でも記録的な大地震がいくつも起こっています。
地震に備えて、自宅を耐震設計にする方も増加傾向にあり、日本人全体の地震に対する意識も変化してきました。

耐震リフォームは、場所や規模によって費用に大きな開きがあります。
なんとその価格帯が数十万円から数千万円までというから驚きですよね。
一度にすべてリフォームするとなると数千万単位で費用がかかってしまいます。
なので、少しずつ部分的に分けて改築していくことが多いようです。

高額な費用がかかってしまう耐震リフォームですが、改修を実施した住宅にのみ減税措置が施される場合があります。
また、自治体や金融機関ごとに異なりますが、耐震リフォームをする際に融資についてサポートしてくれることもあります。
リフォームをする際には、自分がどのようなサポートを受けることが出来るのか知っておくとさらにお得になるでしょう。


この記事をシェアする